FC2ブログ

トリップ管理人の部屋

いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さようなら佐久間レールパーク

佐久間町の中部天竜駅に1991年4月にオープンした「佐久間レールパーク」が2009年11月1日で閉園することに決まった。ここに行くには豊橋から飯田線で約90分、浜松中心部から車で約90分かかる。日曜でも客は少なかった。閉園も仕方がないのだろうが、山と川の自然、後ろに飯田線が走る光景は絶景であった。ここの展示車両達は名古屋に新しく出来る博物館に行くことになった。最後に一目見ようと行くと、大勢の、それほど鉄道ファンでもない人たちでも詰めかけていた。オハ35形の客車に座っていたら、小太りの男達二人が議論をしていた。「ここに来ている人たちと、ボク達はどこが違うかわかるかね?」「?」「それは命をかけているかどうかなのさ」…なるほど。よく見ると小太りの鉄道ファンの姿が目に付く。が、家族連れも多い。いつもこれだけ人が集まれば閉鎖しなくていいのに、と思ったが、入場料は大人140円、鉄道利用者は無料。管理費が捻出できるわけがない。しかし私はほとんど無料の公共施設が好きだ。残念だ。帰りがけに、駅長さんらしき人が一人一人に「ありがとうございました」と頭を下げていた。彼もまた、無念であろう。


2009年11月1日 閉園しました。最後は飯田線で臨時列車佐久間レールパーク号が走りました。
今はこのような寂しい状況です。
スポンサーサイト



| 飯田線を行く | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT