FC2ブログ

トリップ管理人の部屋

いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

磐田市にある国指定文化財「遠江国分寺跡 」・府八幡宮周辺散策


遠江国分寺跡は、天平13年(741年)聖武天皇により建立された国指定文化財(特別史跡)。国分寺とは不安な世の中を何とかしようとした聖武天皇が選りすぐった国に建てた物で、建てられた国は、大変な名誉である。昭和26年に発掘調査がされ、七重塔の伽藍などのお宝が発見された。現在も発掘は続いている。まだまだお宝が眠っているようだ。上の写真はものすごくお金を掛けて再現したCGだ。
当時使われていた石。
隣にはオートバイ屋がある。
その隣には何かの教会がある。
その向かいには府八幡宮がある。塀は明治時代に壊された神宮寺の築地塀。坂本龍馬が居なければ神宮寺も残っていたかも。平安時代に作られた僧形八幡像と女神像。どっちがどっちかは不明。
最近では最もいいおみくじだ。
お守りを売っている人に「こんにちは」と声を掛けられるが、お守りを買わないのでそそくさと他の道を行く。なんてこった自分。
スポンサーサイト



| わが町文化財 | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森町にある重要文化財の友田家周辺


森の石松で有名な遠州の森町の奥の方に行くと昔ながらの山村風景が残っている。森町出身の宴会で酔って大暴れをして石松の実家を壊した消防団の友人に「森町には重要文化財がある」と言う自慢を毎回聞き、見に行かなくてはならない状況になってその重要文化財の「友田家」を見に行く。

友田家のある集落は八っ墓村のような佇まいを見せる。

江戸時代に庄屋だったこの家を見るには200円の観覧料がかかる。重要文化財になったのでお金を取るようになったのだ。宿泊施設として使用しているので家の中でお客さんがここの家のばぁさんとおしゃべりしながら食事をしていた。昔ながらの田舎料理を食べることが出来る。

友田家に行ってきたと森町の友人に報告すると、「森町にはダムがある。見てきたか?」というので、見てないというと「みにゃダメジャン。」と言われ、今度見に行くと約束させられた。森町巡りはまだまだ続く。

| わが町文化財 | 09:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT