FC2ブログ

トリップ管理人の部屋

いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第四土曜日に市民が集う 鳳来町 門谷小学校跡

鳳来町に廃校を利用して食堂をやっているところがあるので行ってみることにした。私は市民の皆さんが集って色々やっているところに入るのが苦手である。そこに犬なんか連れてきたり、幸せそうなカップルとか、ちょっと上品なおばさんとか、ボランティアやっていてにこにこしているとか、そのような人たちから仲間はずれにされているみたいで孤独になるのだ。明治時代に開校した(建物は昭和の物か?)鳳来町の門谷小学校は第四土曜日にイベントをやっている。入ろうとすると犬を連れている人がいて犬が延々と吠えている。よく分からない自作らしい品を売っている人がちらほらいた。ちょっとのぞくと「あんたなんかの来るところじゃないのよ」という感じで睨まれたような感じ。あぁ居づらいなぁ。お目当ての食堂に行くと、笛を吹く教室みたいのをやっていて入る雰囲気では無かったので、なつかしの昭和を展示してある校舎の中に入る。ここに展示してある品々を集めた人の写真が貼ったあった。調子にのった顔していた。今、私はひねくれているようだ。
スポンサーサイト



| 廃校を訪ねて | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シビック1200RSで春野町「熊切小学校五和分校」へ行く

春野町はもともと山の村である。小さな山がいっぱいあって、その山毎に集落が有り、小学校があった。現在春野町の中心部は山で無く平地になっているので、当然山にあった学校は統廃合され、平地に降りてきた。熊切小学校五和分校という名前だが、熊切と五和では場所が違う。熊切小学校五和分校とは。五和にある熊切小学校の支店のようなものだ。昭和29年から31年までしか使用していないところからも小学校のありかたの紆余曲折ぶりがうかがえる。それでもおらが村にも小学校をという心意気が素晴らしい。春野や天竜から数々の偉人が出現しているのもその心意気のためだろう。

| 廃校を訪ねて | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT