FC2ブログ

トリップ管理人の部屋

いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

忠臣蔵一の不忠義者の墓参りをする

私は忠臣蔵は不公平だと思っている。物語自体は面白いが以前、吉良上野介の墓参りに行ったときに墓前に名君であった殿様が悪く言われるのは悔しいというような碑があった。近くには義理人情で名高い(静岡・愛知県民の間では常識である)吉良の仁吉の墓もあった。関係ないかも知れないが。話を面白くするためには吉良の殿様がものすごく悪い人で無ければならないのだ。赤穂の家臣の中にもやっぱり悪人は必要だ。全員が揃って、さあ討ち入りでござるでは単純すぎるのだ。中には裏切り者や反対する者が必要だ。その代表格が大野九郎兵衛だろう。その大野九郎兵衛の墓が各地にある。静岡県菊川市の慶寿寺にもある。慶寿寺には今川氏の二代目範(のりうじ)氏の墓もある。その裏には城跡もある。どういう経路でこの地に大野九郎兵衛の墓があるのかは定かではないが、大野九郎兵衛は赤穂から大阪、京都、山梨、福島、山形と各地を転々としていたそうだが、この地は山梨への通り道であるからなにかしらの縁があったのかもしれない。 菊川市八幡神社慶寿寺今川範氏の墓大野九郎兵衛の墓慶寿寺裏の今川城跡より下界を望む今川城跡
スポンサーサイト



| 史跡のある風景 | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |