FC2ブログ

トリップ管理人の部屋

いつのまにか無くなってしまうものが世の中にはたくさんあります。ご近所の風景から文化遺産、廃墟、自己の存在意義まで、管理人が魂込めて贈るメッセージです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

義理と人情、男 吉良の仁吉の墓参りをする

なんだか人生に行き詰まった私は、義理と人情の男、吉良の仁吉の墓参りに行った。清水次郎長の子分から唯一兄弟分にまで出世した吉良の仁吉。愛妻の父親が弟分の縄張りを横取りしたため、妻を取るか弟分を取るかで悩み、結果弟分の助太刀をする。清水の次郎長も助太刀をした荒神山の決闘で仁吉は命を落とす。

尾崎士朗の「人生劇場」にも男、吉良の仁吉の件がある。また、人生劇場という歌にも出てくる。


1 やると思えば どこまでやるさ
  それが男の 魂じゃないか
  義理がすたれば この世は闇だ
  なまじとめるな 夜の雨


2. あんな女に 未練はないが
  なぜか涙が 流れてならぬ
  男ごころは 男でなけりゃ
  解るものかと 諦めた


3. ときよ 時節は変ろとままよ
  吉良の仁吉は 男じゃないか
  おれも生きたや 仁吉のように
  義理と人情の この世界

余談だが尾崎士朗は、ガラスの仮面の尾崎一蓮の名前の由来と思われる。

仁吉の墓は吉良町の源徳寺にある。墓参りに行くと和尚さんが仁吉についていろいろ教えてくれた。よく、博打でテラ銭というが、当時博打は寺の中で行われた。だからテラ=寺で、源徳寺はその場所だったようだ。清水の次郎長や吉良の仁吉が喧嘩をする際はここを常宿にしていた。荒神山の決戦もここから出発した。仁吉の墓は次郎長が建てたと言うことだが、実は侠客ふぜいが墓など建てることは出来なかったので、次郎長が、今で言う署名運動をして、吉良の町で墓を建てて貰った。墓の横には決戦前に大政が餅をついた臼も祀られている。本堂には仁吉の遺品が展示されている。仁吉の墓には仁吉の家紋では無く次郎長の家紋が彫られている。




「仁吉が男になるかならぬかの境目は、荒神山の勇ましい働きぶりぢやなくつて、あの女房が、だまつて三下り半をおしいただき、長いあひだお世話になりました、といつてかえつてゆくうしろ姿を心で伏し拝みながら、さア行かうと立ちあがつたときの切ない気持ちの中にあるんだよ」尾崎士郎 人生劇場望郷篇 比翼塚の章より

今、私は女房から三行半を叩きつけられている。

スポンサーサイト

| わがまち偉人伝 | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すみれの花~の生みの親、白井鐡(てつ)造(春野町)

静岡県浜松市の春野町には、近年春ともなれば、紫色のスミレの花があちこちに見ることができる。その理由は宝塚歌劇団のテーマ曲ともなっている「すみれの花咲くころ」の生みの親が春野出身で後に宝塚歌劇団の演出者として、また理事とて名を残した白井鐡造氏の生まれ故郷だからだ。町では宝塚歌劇団のテーマ曲ともなっている「すみれの花咲くころ」を町のイメージ作りにと町民こぞってスミレの花作り、また曲を時報に合わせて流し、町おこしをしている。その白井鐡造氏の偉業をたたえて町には白井鐡造記念館があり、記念館には往年のスターのポスターや雑誌、白井鐡造氏の遺品などが数多く展示され無料公開されている。白井氏はもともと浜松の日本形染で働いていた。日本形染といえば昭和天皇が視察に来られた優良企業である。優良企業を辞めてまで演出家の道に入り、もともとフランスの歌をすみれの花咲く頃の詞を付けて大ヒットさせた。

白井鐡造記念館当時のポスター近くにあった二宮金次郎先生の石像記念館から浜松方面に向かう途中にて

記念館には私1人しかいなかった。各地にその町の偉人の記念館があるがなかなか人が訪れない。先日訪れた本田宗一郎、木下恵介の記念館でもお客さんはちらほらとしかいなかった。今の人たちは、先人に偉業に対する興味がないのだろうか。または自分たちの町に興味が無いのだろうか。そのうちこのような記念館が無くなるかもしれない。

| わがまち偉人伝 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。